警察の階級と人事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

警察官には階級という独特の制度があります。なおかつ、警察官は地方公務員です。階級社会の公務員という、 一般人にはなじみのない特殊な点が、刑事ドラマでもさまざまなネタになっています。
このページでは、警察官の階級や人事を中心とした話題をお届けします。

警察官の階級について教えて!

警察官の階級は次のようになっています。
警察官の制服には階級章があり、階級が一目で分かるようになっています。
刑事などの私服警察官は階級章を付けていませんが、制服警察官と同様の階級があります。
以下に階級名と、相当する主な役職を示します。

階級名役職
巡査一般の係員
巡査長一般の係員
巡査部長主任
警部補交番の所長、警察署の係長、警察本部の主任
警部警察署の課長、警察本部の課長補佐
警視警察署の署長、警察本部の課長
警視正大規模な警察署の署長、警察本部の部長
警視長県警察本部長・管区警察局長
警視監道府県警察本部長
警視総監警視庁の本部長

階級を上げるためには昇任試験を受けなければいけません。

なお、巡査長というのは正式な階級ではなく、巡査の中から経験年数を考慮して選ばれます。

警察官は階級制だから、やっぱり上司のいうことは絶対なの?

警察は体育会系の階級社会です。
上官が指揮・命令し、下官がその指示に従う、という構図は絶対です。
その規律は、一般の会社よりは厳しいでしょう。
(警察官に体育会系出身者が好まれるのは、体力の必要な仕事というだけでなく、このような縦社会の仕組みに慣れている、 という理由もあるのかも知れません)。

まあ、上司にたてつく人はどこにでもいますが・・・

「所轄」と「本店(本部)」の対立って本当にあるの?

刑事ドラマではよく所轄と本部の対立ってありますよね。
本部(本店)所属の警察官が偉そうにして、所轄の警察官を見下す、というような。

しかし、実際にはそんなことはありません。
警察には人事異動が多く、多くの所轄と本部を行ったり来たりします。
異動の多い人だと数年に一度のペースです。
なので、今、本部勤務だったとしても、いつ所轄に配属になるかわかりませんし、昇進した場合、大抵はそうなります。
なので、本部が所轄を見下すというのはドラマの中だけの話です。

「キャリア組」って出世しか頭にないの?

一般の警察官は地方公務員としての警察官採用試験に合格し、巡査の階級からスタートしますが、 一種国家公務員の採用試験を合格して警部(警部補?どっちだっけ?)からスタートする警察官を「キャリア組」といいます。
私も署長が「キャリア組」だったことがあるけど、出世しか頭にないってことはなかったと思いますよ。

ドラマとしても
現場の刑事→出世には興味のない人情派
キャリア組→冷たく、出世しか頭にない
という対立構図のほうが面白いですしね。

まるで、弁護士もののドラマで
検察官→非情で冷徹
弁護士→人情派
という対立構図のようですね。

まあ、人それぞれだと思いますが。

ただ、やっぱり現場のたたき上げでないですから、「あの人は現場を知らないから・・・」と、(若いのに階級が高いことを) やっかみ半分で(もちろん陰で)言われたりしますので、キャリア組にはキャリア組の苦労があるようです。

「警視庁」って何?「警察庁」とどう違うの?

警察組織は各都道府県に分かれていて、管轄する県の名前をとって、「○○県警察」と言います。
しかし、東京都を管轄する警察だけは「東京都警察」とは言わず、「警視庁」と言います。
一方、「警察庁」には直接管轄する地域がありません。
警察庁は全国の警察組織をまとめる役目を担っています。

警察官は地方公務員だから、人事異動は少ないの?

警察組織は各都道府県に分かれているから、たとえば大阪の警察官が東京へ、という人事異動はありません。

でも、同じ県内での人事異動というのはよくあって、県の端の警察署から反対の端の警察署まで転勤、ということもいうこともあり、 地方公務員なのに単身赴任、ということもあります。

だから「地方公務員だし一生地元で」ということはありません。

人事異動が多いのは、同じ場所で同じ人間関係が長く続くと、どうしても馴れ合いが出たり、 利害関係から不祥事につながるおそれがあるため、それを予防するのも理由の一つだとされています。

ちなみに、親子や夫婦で同じ警察署に配属されることも、同じ理由で行われません。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

元警部が教える貴重な合格ルール
警察官採用試験完全合格法

通学制スクールや通信講座で万全の警察官採用試験対策をしたい方に
全国の警察・消防の講座一覧

筆記試験対策は市販の過去問を活用しましょう。
対策問題集一覧を見る