警察官採用試験FAQ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ここでは、警察官採用試験に関してよくある疑問をまとめました。ただし、私は採用担当ではありませんでしたし、自分の経験や主観がかなり入っていると思いますので、参考程度にしてください。

また、メールでお寄せいただいた、採用試験に関する質問にもここでお答えします。

  • 体力に自信ないといけませんか?
    あまりに体力がないと、警察学校の訓練についていけないでしょうが、今から並外れた体力が必要という訳ではありません。
    例としてあげれば、1500m走で6分30秒、懸垂で5回できれば、何とかなると思います(でも、「何とかなる」というだけの話で、実際訓練はつらいと思いますが)。
    でも、やっぱり体力勝負の仕事なので、今から自主的にトレーニングしていた方が良いと思います。
  • 駐車違反をしたことがあるのですが、大丈夫でしょうか?
    駐車違反や交通事故などの情報は警察が管理しているので、全て把握されているはずですので、ごまかしようがありません。
    しかし、「事故や交通違反のある人は採用試験を受験できない」とは書かれていませんので受験はできます。
    合否はなにも交通違反歴だけで決まるわけではなく、試験の成績だって面接だって重要なので、受験できるからにはこれからできることを一生懸命するしかないでしょう。
  • 過去に警察官の採用試験に合格しましたが辞退しました。再受験で合格する可能性はあるでしょうか?
    かなり特殊なケースですね。わかりません。このようなケースを聞いたこともありません。すみません。
    でも、本当に警察官になりたいなら受験する価値はあるのでは?
  • 27歳や28歳では合格は難しいのでしょうか?
    そもそも警察官採用試験を受験する人は新卒が多数派であり、30歳目前の人は少数派です。
    したがってたとえ合格率が同じだとしても採用される新人警察官で27,28歳は少数です。
    なので年齢が上がると狭き門に見えるのは当然のことです。
    実際、年齢と合格率の関係はどうなのかはわかりません。ただしそれくらいの年齢で採用されている人も実際にいます。絶対的な人数で言うと新卒者が多いですが、既卒者でも採用されています。
  • 色弱と左耳の聴力が悪いのですが、(受験を)諦めるほうがよいですか?
    受験資格のページをご覧下さい。色覚と聴覚は「警察官としての職務執行に支障がないこと」となっていますが、こちらでは正確な回答はできません。各都道府県警に採用試験に関する相談窓口があるので、そちらでご相談ください。

 その他の警察官の仕事や採用試験に関する質問も受け付け中。詳しくは「警察官の仕事と採用試験の質問箱」へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

元警部が教える貴重な合格ルール
警察官採用試験完全合格法

通学制スクールや通信講座で万全の警察官採用試験対策をしたい方に
全国の警察・消防の講座一覧

筆記試験対策は市販の過去問を活用しましょう。
対策問題集一覧を見る