昔の残業代 請求

昔のサービス残業の残業代は退職後でも泣き寝入りせずに請求できます!

昔,残業代,請求,泣き寝入り,サービス残業

以前勤めていた会社でサービス残業をさせられていた方へ!

 

1日8時間、週40時間を越える時間外勤務では時給の25%割増で残業代を支払うことが法律で定められています。

 

正規の労働時間8時間に加え、毎日3時間のサービス残業を行っていたとすると、約32%の賃金が支払われないという計算になります!

 

昔の会社でこんなことはありませんでしたか?

 

  • 残業代が未払いだ。
  • 時間外手当は一律1000円だった。
  • 「営業はみなし残業」と言われ、残業代が出なかった。
  • 「正社員はサービス残業が当たり前」と言われた。
  • 夜間勤務や休日勤務にもかかわらず手当がなかった。あるいはすごく安かった。
  • 「売り上げが低下しているのに残業代なんか出ない」と泣き寝入りさせられた。
  • 雇用契約書を盾に取られ、時間外手当を減額させられていた。
  • 年俸制を理由に残業代が支払われなかった。
  • 残業代が出ないように、タイムカードを定時に打つことが常習化されていた。
  • 管理職は残業代が支給されないと説明された。

 

このような場合でも、本来は残業代が発生する場合が非常に多いです!

 

「おかしい」と思っても、圧力をかけられたり、勤務先での人間関係が悪化することを心配し、残業代の未払いを泣き寝入りせざるを得ないことが常態化されている場合があります。

 

しかし、正当に受け取ることができるはずの賃金が支払われないなんておかしいですよね?
人によっては、数百万円の賃金が支払われず、タダ働きさせられているケースもあります!

 

「権利の上にあぐらをかくものは保護に値しない」という言葉があります。
いくら(正当な賃金を受け取る)権利があっても何も主張しないでいては、不利益を被っても誰も助けてはくれない、ということです。

 

昔,残業代,請求,泣き寝入り,サービス残業

しかし、現実問題、職場に未払いの残業代を交渉して、はいそうですかと簡単に支払ってくれることはないと思います。

会社という組織に個人の権利を主張するには、ちゃんとした証拠を示すことが必要です。
具体的には、残業の事実と残業時間を立証する証拠が必要になります。

 

ただ、どんなものが証拠になるとか、退職後にどうやって証拠を集めるの?とか、そのあたりは素人一人でやっていてはわからないところです。

 

一生懸命証拠集めしても、完全にポイントがズレていて、これでは使い物にならない、ということだってあります。
逆に、これが証拠になる!というものがあるのに全然気づかないで「証拠がない・・・」と途方にくれている場合だってあります。

 

その辺の判断、素人には難しいですね・・・

 

未払いの残業代は過去2年間分だけ請求することが可能で、それ以前の分は時効となります。
証拠集めに一人で頑張っているうちに、回収できる金額がどんどん減ってしまったということは避けたいですね。

 

そのためにも、残業代未払い問題に強い法律の専門家に相談して解決しましょう。
問題をスムーズに解決して、できるだけ多くの残業代を回収するためにはベストな方法だと思います!

 

退職後でも支払い請求は可能です!
 ↓↓↓
相談料0円着手金0円取れなかったら費用0円
残業代請求無料相談センター

 

タイムカードの証拠が全くない、と思われるような場合でも会社側に開示させる方法があるようです。
また、問題解決まで早くて2週間、長くても2ヶ月前後という場合がほとんどのようです。
基本的にはメール相談で解決できる案件で、面談は必ずしも必要ないので、全国どこに住んでいても対応できるそうです。

 

労働基準監督署に匿名で通報(告発)するのは残業代回収に有効か?

労働基準監督署に匿名で通報するのは、効果をあまり期待できないのではないかと思います。

 

残念なことですが、サービス残業が横行している会社は無数にあります。

 

労働基準監督署も全ての案件を即時に処理できることは不可能で、重大な案件から順次処理していくはずです。

 

具体的な証拠の提示もなく、第三者にもわかる客観的根拠に乏しい匿名通報は、重大性に欠けると判断され、仕方ありません。

 

その間に、未払い残業代請求の時効成立の2年間はあっという間にやってきます。

 

あなたの残業代未払い問題をスムーズに解決するためには、契約を結んだうえで、あなたのために対処する弁護士に相談するのがベターだと思います。

 

退職後でも支払い請求は可能です!
 ↓↓↓
相談料0円着手金0円取れなかったら費用0円
残業代請求無料相談センター

 

退職後に昔の残業代を請求する弁護士相談は全国都道府県対応です

北海道|青森|岩手|宮城|秋田|山形|福島|東京|神奈川|茨城|栃木|群馬|埼玉|千葉|山梨|新潟|長野|富山|石川|福井|愛知|岐阜|静岡|三重|大阪|京都|兵庫|滋賀|奈良|和歌山|広島|岡山|鳥取|島根|山口|徳島|香川|愛媛|高知|福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|沖縄