指紋採取の仕事に就きたい

このエントリーをはてなブックマークに追加  

質問

こんばんは!現役大学生です!
私は、幼い頃から刑事を目指していたのですが最近指紋採取の仕事に就きたいと思いました!!
指紋採取をする仕事に就くには、白バイ隊や刑事と同様、警察官を受けてから交番勤務を経てからなるのですか?
それとも違う道ですか?
回答よろしくお願いいたします。
お待ちしております!!

回答

ご質問ありがとうございます。
指紋採取は主に刑事課の鑑識係が行うことになります。
つまり鑑識は刑事の一部ということなります。

 

また、鑑識は指紋採取だけでなく、犯罪現場の写真撮影、足痕跡採取、服の繊維採取、筆跡の採取とか、とにかく犯罪に関する物的証拠を探りあて、採取するのが仕事です。
なお、指紋採取は物的証拠のなかではもっとも重要なものの一つ(一つとして同じ指紋はないので、完全に1個人を特定できますから)で、交番勤務の警察官でも指紋採取は行います。
警察学校を卒業して、いきなり刑事課配属・鑑識係勤務ということはありません(全員交番勤務)。
まずは交番勤務のうちに指紋採取などの物的証拠の収集を積極的に行い、現場でのトレーニングを重ねるのが近道かと思います。

 

なお、警察官の資格として「鑑識検定」というのがありますが、
これは
指紋・写真・足痕跡・科学鑑識
の4つで実技と筆記があります。
初級はこの4つあわせて一つの試験で、警察学校時代に取得するもので、上級はそれぞれ別々の科目で、所属配置後、しばらくしてから受験できたと思います(間違っていたらすみません)。
ちなみに、私は4つの上級検定のうち、3つ取得しました。
今の生活には何の役にも立ちませんけどね^_^:

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

元警部が教える貴重な合格ルール
警察官採用試験完全合格法

通学制スクールや通信講座で万全の警察官採用試験対策をしたい方に
全国の警察・消防の講座一覧

筆記試験対策は市販の過去問を活用しましょう。
対策問題集一覧を見る