警察官の射撃訓練と覆面パトカー

このエントリーをはてなブックマークに追加  

質問

質問しますが、警察官の射撃訓練とかは警察学校での授業以外にも、自主訓練の時間とかにでも許可をもらってやることは可能なんですか?
結構、アメリカのポリスアクション映画や西部警察やあぶない刑事、刑事貴族などを見てもフラッと射撃場にやって来てバンバン撃っているので気になりました。

 

もう一つ、よく刑事ドラマなのでは個人の車を覆面パトカーとして利用をしている描写がありますけど、実際に覆面パトカーを自家用車として使うことは可能なんですか?

回答

ご質問ありがとうございます。

 

確かにそういう場面、刑事ものドラマでよく見ますね。
が、警察官が射撃訓練を自主訓練としてできることはありません。
一人の警察官が訓練で使える弾数は決まっています。
フラッと射撃場に来て練習する、なんてことはありません。

 

射撃特練生は一般の警察官よりも使える弾数はもちろん多いですが(それが仕事なので)、
どれくらいなのかは私は知りません。

 

それから、覆面パトカーの私的利用(正確に言うと、捜査用車両の私的利用)はありえません。
それは全く公私混同ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

元警部が教える貴重な合格ルール
警察官採用試験完全合格法

通学制スクールや通信講座で万全の警察官採用試験対策をしたい方に
全国の警察・消防の講座一覧

筆記試験対策は市販の過去問を活用しましょう。
対策問題集一覧を見る