警察官の休暇と異動について教えて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

質問

私は市役所職員を第一志望にしていたが落ちてしまいました。
そのため、合格している警視庁か県警察のどちらかに就職することになりそうです。
警察官という特殊な職業上、分からないことがあるのでいくつか質問させて下さい。
よろしくお願いします。

 

1.一般的に休みはしっかりと取れますか?また残業はどれぐらいありますか?具体的に職種・年齢別に教えていただけたらと思います。

 

2.県警において転勤はどのぐらいの頻度であるのでしょうか?自分の住んでいる市内で勤務したいとの希望をだした場合にどの程度考慮されますか?職種・年齢別に教えていただきたいです。

 

3.警察官は激務というイメージが多いようですが、大変さを職種別に教えていただければと思います。また希望職種にて働ける割合はどの程度なのでしょうか。何歳くらいになったら転勤や職種変更は安定しますか?

回答

ご質問ありがとうございます。

 

いきなり耳の痛い話をして申し訳ないですが、警察官という職業は「自分のプライベートな生活」がいくらか「公(仕事)」によって犠牲になってしまうタイプの職業です。
ですので、休暇や残業に対して過度な期待をもってはいけません。
給料が安定している点と、倒産のない点はメリットですが。

 

 

一般的にいうと、地域警察官(交番)はシフト制なので自分の当番が終われば帰宅できる場合が多いという傾向にありますが、肉体的負担度は大きいです。
残業は事件次第です。

 

休みについては大きい事件や警備などで猫の手も借りたいときは休めません。
クリスマスシーズンに休むケーキ屋がいないのと同じです。
あるいは、あなたが殺人事件の被害者の遺族だったとして、事件発生から10日とたっておらず、被疑者も検挙されていないのに定時に帰宅したり、土日をフルに休む刑事ばかりならどう感じるでしょうか?

 

異動や勤務地、職種の希望がどのくらいの割合で通るかは統計をとったことがないのでわかりません。
人それぞれでしょう。
都道府県警察によっても違うでしょう。
異動の頻度は私の経験では短くて2年、長くて7年程度でしょうか。
支店の多い一般企業とそんなに変わらないと思います(県内のみの異動ではありますが)。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

元警部が教える貴重な合格ルール
警察官採用試験完全合格法

通学制スクールや通信講座で万全の警察官採用試験対策をしたい方に
全国の警察・消防の講座一覧

筆記試験対策は市販の過去問を活用しましょう。
対策問題集一覧を見る