警察官の年間休日はどのくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

質問

はじめまして、回答宜しくお願いします。

 

私は警視庁警察官T類試験を受け、現在結果待ちの大学4年生です。
質問なのですが警視庁警察官の場合、年間休日はどのくらいなのでしょうか??

 

警視庁の説明会では公務員なのでそれなりに休日はあると言われました。
ですが、ネットで調べてみると実状は激務で休みなし、海外にいけるのは新婚旅行のみ、呼び出しもしょっちゅうで、3日以上の連休は取れないなどの情報が入ってきます。
私は海外旅行好きなので実際のところどうなのか気になります。

回答

ご質問ありがとうございます。

 

私は警視庁出身ではないのですが、私の勤務していた県警でいうと、地域警察官(いわゆる交番勤務)は3交代勤務なので、それなりにスケジュールどおりの休日がありました。
基本は1週間40時間の勤務時間です。

 

とはいっても、例えば24時間勤務の交番の当番であっても、休憩時間や仮眠時間は勤務時間に含まれません。
だから、1週間に2日間勤務すれば8時間の超勤ということにはなりません。
ましてや事件・事故が発生すれば休憩だの仮眠だの言ってられませんので、40時間働けばおしまい、という考えでは通用しません。

 

夏期休暇期間は、何も特別な事件事故がなければ、交代で有給休暇を消化できるようになっていました。
有休が消化できると、3日間以上でも休暇はとることができました。

 

ただ、例えば大きな事件とか、大規模な警備(夏期休暇に限ってあったりしますorz)などの社会情勢があれば勤務が厳しくなりますので、当然、有休など言ってられません。

 

ということで、まとめますと、情勢が特に厳しくなければ夏期休暇などにまとまった休みを取ることができましたが、大事件や警備などで忙しいときには休めませんでした。
公務員なので、何もなければ基本どおり休めますが、警察官なので事件があれば休めません。
事件はいつ起こるかわからないので、予定を立てにくいところがつらいところです。

 

海外旅行は行けないことはないと思いますが、理解ある上司で、十分な根回しがないと難しいでしょうね。
「じゃあ来週からハワイに行きますので!」
では無理でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

元警部が教える貴重な合格ルール
警察官採用試験完全合格法

通学制スクールや通信講座で万全の警察官採用試験対策をしたい方に
全国の警察・消防の講座一覧

筆記試験対策は市販の過去問を活用しましょう。
対策問題集一覧を見る